雨の吉祥寺

20170704-22_59_00-ILCE-7M2------1
SONY α7II + Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 MC

雨はいつだって心を沈ませる。

20170704-23_03_16-ILCE-7M2------1
SONY α7II + Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 MC

雨はいつだって心を躍らせる。

20170704-23_04_33-ILCE-7M2------1
SONY α7II + Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 MC

滝のような雨から守ってくれる傘がなくとも、歩かなければならない。

20170704-23_11_44-ILCE-7M2------1
SONY α7II + Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 MC

めまいがするような毎日の中で、雨宿りできるような場所があればいいと思う。

https://camoor.netに寄稿しています。あわせてどうぞ。

Share

君の名は。を観てきた。

新宿TOHOシネマズ
新宿TOHOシネマズ

君の名は。を観てきた。もっと早く観たらよかったと心から思った。『言の葉の庭』『秒速5センチメートル』と対照的なストーリー。どちらかと言うと閉じた世界観のバッドエンドな映画を作ってきていた新海誠監督作品とはとても思えない希望のある映画だった。 僕はできればこの映画を恋人と観たかった。アニメを馬鹿にする大衆が手のひらを返して映画館に駆け込む様子が気に食わないと彼女は付き合ってくれなかった。8月、僕はシンゴジラを観にいったときに彼女と喧嘩をしてしまったから、映画なんか観たくなかったのかもしれない。その半券は今でも大事にしまってある。だから今日こうして一人で観に行ってきた。もしこの映画を二人で見ていたら、いまも二人で居ることができただろうか。それとも「かたわれ」を亡くした今の僕だからこそ「刺さる」のだろうか。 取り返しのつかない出来事。災害。悲劇。 それをもし覆せるとしたら。 君のいない世界など夏休みのない8月のよう。

Share

新宿食肉センター極(焼肉)

新宿食肉センター極(焼肉)
新宿食肉センター極(焼肉)

Canon EOS M5 + EF-M22mm F2

タン刺し
タン刺し
カルビ
カルビ

EOS 6D + EF 50mm F1.8 STM

歌舞伎町で美味しい焼肉〜

卸)新宿食肉センター極(新宿/焼肉) – ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/gb44300/

Share

思い出横丁 ウッチャン

にぎわう店内
にぎわう店内。夜はとても混んでいる。
コークハイ。冷凍した焼酎がコップに盛られていて、自分で混ぜる
コークハイ。冷凍した焼酎がコップに盛られていて、自分で混ぜるスタイル。
てっぽう。やわらかさと味わい深さにびっくりした。誰にでもおすすめしたい。
てっぽう。やわらかさと味わい深さにびっくりした。誰にでもおすすめしたい。
軟骨のねぎま。かたいけどおいしい。こういうのこそ、思い出横丁だなあ。
軟骨のねぎま。かたいけどおいしい。こういうのこそ、思い出横丁だなあ。
黒胡椒焼きそば。スパイシーでこれだけでビール二杯はいけるのでは。
黒胡椒焼きそば。スパイシーでこれだけでビール二杯はいけるのでは。

夜はとても混んでいるから、入るまで少し並ぶかもしれない。平日は16時〜、休日は15時からやっているそうなので、昼間からだめになりたいならぜひ早めに行ってみては。

Share

シーシャ

シーシャ本体
シーシャ本体
シーシャカフェ店内
シーシャカフェ店内
シーシャ炭入れ
シーシャ炭入れ

EOS 6D + 24-105mm F4 IS USM + EF 50mm F1.8 STM

水タバコ(みずタバコ)は、ペルシアで発明されたと考えられている[1]、イスラム圏で大成した喫煙具の一種。水煙管(みずぎせる)や水パイプ(みずパイプ)とも呼ばれる。 Wikipediaより

彼女が死ぬまえ、僕は毎晩夜は予定が詰まっていて、寝る前はいつも通話して、(といっても最初の數十分だけ)1時半まで彼女の寝息をBGMにして聞いて眠っていた。

いまは逆にすることがなくて、ふらふらと街をさまよって、新宿センター街、新宿歌舞伎町、新宿思い出横丁、あちこちで飲んで回っている。

飲み歩くのにも疲れたときは、純喫茶に行ったり、シーシャカフェに行くことにしている。

彼女と深い関係になる前の僕は美術館やギャラリー巡りをしていろんな画家の作品を蒐集したり、日本各地に夜行バスや青春18きっぷで出かけては孤独のグルメに浸っていた。最近は元気がない、というより体が病弱になってしまって、旅先との気温差で体調を崩すのがリスキーだから、暖かくなるのを待っている。

純喫茶は閉まるのが早いから、2時間単位で静かに過ごしたいとき、シーシャを吸いにくる。見た目が随分エキゾチックで、ドープなイメージがあるが、中東ではポピュラーな嗜好品だ。近頃大都市圏を中心にシーシャを楽しめる店が増えていて、東京都心では若い層を中心に俄かにブームが巻き起こっている。

煙にフレーバーが付いていて、オレンジやレモンやブルーベリーなど果実系、コーラや紅茶やチャイなどドリンク系など幅広く、コーラ×レモン×ミントのようにミックスを楽しめる。

息を吸って、吐く。

深呼吸の繰り返しが副交感神経にスイッチングされる。リラックスしやすいソファーに、暗めの照明で、長く落ち着いて過ごせる。

スターバックスやドトールの狭小な座席に逃げ込んで隣席のMacBookのタイピング音にイラつきながらイヤホンで耳を塞ぐのに辟易していたら試してほしい。デートにもうってつけだろうから。

Share

犬の時間

シーシャ
シーシャ

Canon EOS 5D Mark II + EF 50mm F1.8 STM

犬の時間が脳を破壊にくる。

雑音が。無音が。わけもない焦燥が狂躁が、頭の内側から湧いてくる。
なにかをしなければ、することがない、することがない、するべきことはどこだ、してきたことはなんだ、明日はどこだ、今はなんの時間だ、ここになにかがあるのか、なにもないのか、なぜ存在しているのか、意識が意識であることがそのもの自体自家中毒を引き起こして脳みそをかき回す。

わからない。

僕は生まれつき病んでいる。欠損を抱えた人間として生きている。
ありもしない理想を追い求めているのか。二度と手に入らない遺失物を探し回っているのか。

何かを突き動かそうとする衝動はヒルナミンをも上回り、動かない四肢に怒りさえ与え、かえって鎮静に意味はない。

体は犬になる。徘徊する犬として何かを探す。どこにあるのか。どこかにないのか。無意味な犬になる。
疲れ果てるまでもなく犬は意味を失い引き返す。太陽が上る頃のヒトの時間へと。

駐車場
駐車場
配電盤
配電盤
枯れ草
枯れ草
街路樹
街路樹
植え込み
植え込み

ここにも。ここにも。ここにも、ここにも。何もいない。誰もいない。

Share

3/3のランチ

マーボーラーメン定食
マーボーラーメン定食
マーボーラーメン定食
マーボーラーメン定食

Canon EOS M5 + EF-M22mm F2

近所にできた中華屋のランチにいってきた。
もともとは蕎麦屋で、居抜きで入ってきたお店。
あまり繁盛していないっぽいけれど気になって入ってみた。

定食は唐揚げ、もやしのナムル、ライスつき。

マーボーラーメンはラーメンの中に麻婆豆腐が入っているというより麻婆豆腐にラーメンが入っているという感じでとても辛く、鍋がアツアツのままで食べ終わるまでずっと熱かった。

Share