あの輝きをもう一度 Leica M8

晴れた日の空 Leica M8, Voigtlander Ultra-Wide-Heliar 12mm F5.6, DxO Filmpack5, Kodachrome 64+200mixの独自プリセット
晴れた日の空 Leica M8, Voigtlander Ultra-Wide-Heliar 12mm F5.6, DxO Filmpack5, Kodachrome 64+200mixの独自プリセット
ノートパソコン Leica M8, Carl Zeiss Biogon ZM 35mm F2, DxO Filmpack5, Kodachrome 64+200mixの独自プリセット
ノートパソコン Leica M8, Carl Zeiss Biogon ZM 35mm F2, DxO Filmpack5, Kodachrome 64+200mixの独自プリセット
岸壁 Leica M8, Voigtlander Ultra-Wide-Heliar 12mm F5.6, DxO Filmpack5, Kodachrome 64+200mixの独自プリセット
岸壁 Leica M8, Voigtlander Ultra-Wide-Heliar 12mm F5.6, DxO Filmpack5, Kodachrome 64+200mixの独自プリセット

2007年、Leica M8を持っていた。

当時のことははっきり思い出したくない。激しく思春期をこじらせていて、沢山の人に迷惑をかけたり、傷つけられたりしながら、大学生活という希薄な人間関係の中で、孤独になったり仲間を作ったりを繰り返して、自分の存在意義に毎日悩み続けていた。狂ったように写真に明け暮れていた中、親がなぜかへそくりからLeica M8をプレゼントしてくれた(今では考えられない話)。

セカンドオーナー品で、ヤフオクに出品されていたものを購入した。当時44万円。セット内容は、Leica M8本体と、Carl Zeiss Biogon 35mm F2, Voigtlander 12mm F5.6の2本。のちにBiogonを売ってNokton Classic 40mmを重用するようになる。

MacBookにLeica M8をぶらさげ、古びた自転車で湘南を駆けずり回り、毎日狂った様に写真を撮る生活だった。

あのライカフリークの田中長徳さんとお会いしてお話をする機会があって、とても学生とは思えない奇人ぶりに気に入ってもらえ、サインまで頂いた。(のちに再会した時は、Nikonの凡庸なカメラを使っていたので、失望したと言われてしまった。)某掲示板管理人のひろゆきさんからも、Leica 本体にサインを書き残してもらったこともある。

Leicaは特別なカメラだ。

カメラは単なる道具にすぎない。しかし同時に、特別な存在なのだ。あのカメラをきっかけに、いろんなつながりが生まれた気がする。CanonやNikonやPentaxやOlympusを使っていた時は、申し訳ないけれど、そういった特別感は一切なく、カメラを持っていることによって発生する新しいコミュニティは、なかった。

もう一度、Leicaがほしいなあ。思うだけで、家賃半年から1年分のカメラを買った自分を果たして許せるか、自信がないので買わずにいる。


Canon 単焦点レンズ EF-M32mm F1.4 STM ミラーレス一眼対応 EF-M3214STM
キヤノン (2018-12-07)
売り上げランキング: 77,108



Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください