Summilux 23mm F1.7

秋葉原 Leica X (Typ 113) , SUMMILUX 23mm F1.7 ASPH., DxO Filmpack5 Kodak Kodachrome 64
秋葉原 Leica X (Typ 113) , SUMMILUX 23mm F1.7 ASPH., DxO Filmpack5 Kodak Kodachrome 64

Leica XについているSummiluxは優秀だ。

逆光にもとても強いし、ボケ味も良いし、ピント面の切れ味もいいし、モノクロにした時のトーンも素晴らしい。このブログではモノクロでアップしていることのほうが多かった。この高架下のカットは、太陽が真上にあったにも関わらずフレアが少ない。ピントも隅々まであっていて、周辺画質低下も目立たない。極めてシャープで、素晴らしくよく写る。

秋葉原 Leica X (Typ 113) , SUMMILUX 23mm F1.7 ASPH., DxO Filmpack5 Kodak Kodachrome 64
秋葉原 Leica X (Typ 113) , SUMMILUX 23mm F1.7 ASPH., DxO Filmpack5 Kodak Kodachrome 64

こういうどうでもいい景色。歪曲収差がないのがわかる。安心して街を撮ることができる。

秋葉原 Leica X (Typ 113) , SUMMILUX 23mm F1.7 ASPH., DxO Filmpack5 Kodak Kodachrome 64
秋葉原 Leica X (Typ 113) , SUMMILUX 23mm F1.7 ASPH., DxO Filmpack5 Kodak Kodachrome 64

35mmという画角は近すぎず遠すぎず、自分なりの距離感で遊ぶことができる。

秋葉原 Leica X (Typ 113) , SUMMILUX 23mm F1.7 ASPH., DxO Filmpack5 Kodak Kodachrome 64
秋葉原 Leica X (Typ 113) , SUMMILUX 23mm F1.7 ASPH., DxO Filmpack5 Kodak Kodachrome 64

Leica Xの仕様として疑問に浮かぶのが、

  • 被写体と1m以上の距離がある場合は開放絞りがF1.7
  • 近接撮影になると距離に応じてF2.0〜2.8
  • 最短撮影でF2.8

に絞り込まれる仕様だ。レンズ描写性能確保のため、ということらしい。X100SではF2で近接撮影をすると、ピント面が浅い上に滲んで使い物にならなかったため、こういうショットでもF2.8とかF4に絞り込んで使っていた。

秋葉原 Leica X (Typ 113) , SUMMILUX 23mm F1.7 ASPH., DxO Filmpack5 Kodak Kodachrome 64
秋葉原 Leica X (Typ 113) , SUMMILUX 23mm F1.7 ASPH., DxO Filmpack5 Kodak Kodachrome 64

が、ご覧のとおり、F2.8でも充分なボケが得られる。アウトフォーカス部分の自然なボケ味、とくにテーブルに写り込んだ点光源の丸ボケ、ピント面からボケ部分までの自然な遷移がとても美しい。

Leica Xは割高だ。スペックだけで見たら、コストパフォーマンスが悪い。他のメーカーの高性能なミラーレスと高性能レンズを2本くらい買える価格設定だ。が、価格にはふさわしいボディの質感や、レンズの高性能さ、これは案外、レンズ沼にハマっていろんなメーカーのレンズを試しては売っている人にとっても満足できるのではないかと思っている。


Canon 単焦点レンズ EF-M32mm F1.4 STM ミラーレス一眼対応 EF-M3214STM
キヤノン (2018-12-07)
売り上げランキング: 77,108



Share