配電盤

犬の時間

シーシャ
シーシャ

Canon EOS 5D Mark II + EF 50mm F1.8 STM

犬の時間が脳を破壊にくる。

雑音が。無音が。わけもない焦燥が狂躁が、頭の内側から湧いてくる。
なにかをしなければ、することがない、することがない、するべきことはどこだ、してきたことはなんだ、明日はどこだ、今はなんの時間だ、ここになにかがあるのか、なにもないのか、なぜ存在しているのか、意識が意識であることがそのもの自体自家中毒を引き起こして脳みそをかき回す。

わからない。

僕は生まれつき病んでいる。欠損を抱えた人間として生きている。
ありもしない理想を追い求めているのか。二度と手に入らない遺失物を探し回っているのか。

何かを突き動かそうとする衝動はヒルナミンをも上回り、動かない四肢に怒りさえ与え、かえって鎮静に意味はない。

体は犬になる。徘徊する犬として何かを探す。どこにあるのか。どこかにないのか。無意味な犬になる。
疲れ果てるまでもなく犬は意味を失い引き返す。太陽が上る頃のヒトの時間へと。

駐車場
駐車場
配電盤
配電盤
枯れ草
枯れ草
街路樹
街路樹
植え込み
植え込み

ここにも。ここにも。ここにも、ここにも。何もいない。誰もいない。


Canon 単焦点レンズ EF-M32mm F1.4 STM ミラーレス一眼対応 EF-M3214STM
キヤノン (2018-12-07)
売り上げランキング: 77,108



Share