恵比寿MOFFOOMでチルアウト

僕はシーシャを吸う店舗がほとんど決まっていて、曜日ごとにローテーションを組むが如く同じシーシャ屋さんを回っていた。

今日は、かなり久しぶりの新規開拓だ。普段用事がなく、どちらかというとエビスビールか高級店のイメージがあり近寄ることも少ない恵比寿で。お店の名前はMOFFOOM

ネットを見る限りでは、単なるシーシャカフェとしてだけでなく、内装やドリンクにこだわった、いわゆるサードウェーブ系店舗のひとつだ。かなり大人なBARに近い雰囲気も感じた。

お店の外観

this photo is taken by SONY α7II, SAMYANG AF 35mm F2.8

恵比寿駅をでて徒歩3分、坂を登り始めてすぐのところにあり、わかりやすい。

アングラ感ゼロのおしゃれな内観

this photo is taken by SONY α7II, SAMYANG AF 35mm F2.8

this photo is taken by SONY α7II, SONY Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

恵比寿という場所柄かもしれないが、上品の一言に尽きる。

今まで見てきたシーシャ屋にありがちな、アングラ感やゴチャゴチャした中東の雰囲気がまるでない。きっと夜に来れば上品なBARとしても楽しめるだろう。

this photo is taken by SONY α7II, SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

this photo is taken by SONY α7II, SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

特徴的なX字のスツールは有名建築家ミース・ファン・デル・ローエデザインのそれだ。家具はどこを切り抜いてもとてもおしゃれで、どのソファーも座り心地が良さそうで、長く居て疲れる要素はない。

ソシオモーダルな配置ながら、座席間のクリアランスも十分で、満席でもそこまでストレスに感じないだろう。

this photo is taken by SONY α7II, SONY Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

シーシャはハッピーアワー(〜18:30)の2000円(税抜)のものを注文。通常のエジプシャンシーシャにターキッシュボウルだ。メニューにあった最高ランクの4800円のシーシャはどんなラグジュアリーなのか気になる。

友人を誘い合わせてまた来たくなる、素敵なシーシャカフェだ。家が近かったら通いつめてしまいそうだ。

シーシャ カフェ&バー 恵比寿モフーム

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1丁目11−19 中島 ビル 101 号室

03-6451-2408

https://goo.gl/maps/WLb5Lnng8Ck

Twitter

https://mobile.twitter.com/moffoom_yebisu


Canon 単焦点レンズ EF-M32mm F1.4 STM ミラーレス一眼対応 EF-M3214STM
キヤノン (2018-12-07)
売り上げランキング: 77,108



Share