Canon EOS Kiss M + EF-M 32mm F1.4 STM

九段下裏道とレンズフィルター選び

Canon EOS Kiss M + EF-M 32mm F1.4 STM
Canon EOS Kiss M + EF-M 32mm F1.4 STM
Canon EOS Kiss M + EF-M 32mm F1.4 STM
Canon EOS Kiss M + EF-M 32mm F1.4 STM
Canon EOS Kiss M + EF-M 32mm F1.4 STM
Canon EOS Kiss M + EF-M 32mm F1.4 STM
Canon EOS Kiss M + EF-M 32mm F1.4 STM
Canon EOS Kiss M + EF-M 32mm F1.4 STM

以前にも書いたけれどもフィルター選びはとても大事だ。

一部のプロのように会社の金で使い捨て扱いでボコボコにしながらレンズを使える人たちはともかく、自分のような小市民は、レンズの保護フィルターをつけて使う。

レンズ保護フィルターも一応一枚のガラスなので、つけることによって画質の低下がゼロではない。高級品は画質低下を限りなくゼロに近い数字まで抑えたり、コーティングで防汚・強化したりと差別化している。

多くの人は、とりあえずカメラを買ったときに勧められるフィルターということで、ケンコーのPro1DだったりZetaだったりをかわされているのではなかろうか。

主なメーカー三社の各種フィルターを比べてみた。デジタル非対応のものは省略し、フィルター径55mmのものを価格コムの最安値(2019/3/22現在)で検索した。55mmなのは、今から自分が買うからである。特に意味はない。

主に気にしているポイントは下記の通り。

ガラス反射率
ガラス反射率が低いほど画質劣化を抑えられる。
防汚・防水
防汚コーティングがあるとフィルターの汚れが拭き取りやすい。
防塵
さらに、防塵(ダストフリー)だと拭き取りやすさが段違いになる。
メーカー ブランド 価格 ガラス反射率 防汚・撥水 防塵 強化ガラス ひとこと
ケンコー
ZXプロテクターSLIM ¥5,600 0.3%以下 超高解像
ZETA Quint ¥5,167 0.3%以下
全部のせ最高級フィルター
ZXプロテクター ¥4,972 0.3%以下 超高解像
Zeta プロテクター ¥4,487 0.3%以下 有名
Pro1D Lotus プロテクター ¥3,645 0.3%~0.5%以下
防汚コーティングつきでお得
Pro1D Plusプロテクター ¥2,559 0.5%
デジタルの最低ライン
マルミ光機
EXUS Lens Protect SOLID ¥7,591 0.2%
全部のせ最高級フィルター
EXUS Lens Protect ¥3,790 0.3%以下
コスパ最強フィルター
DHG Super Lens Protect ¥2,177 0.6%
防汚コーティングつきでお得
DHG Lens Protect ¥1,666 0.3% デジタルの最低ライン
ハクバ
ULTIMAレンズガード ¥2,778 0.3%以下 ガラス品質がいいらしい
XC-PRO エクストリーム レンズガード ¥2,330 0.3%
低反射+防汚+低価格の両立
SMC-PRO ¥1,618 0.5% デジタルの最低ライン

これらの表のなかで、とくにおすすめなモデルは太字にした。

おすすめ第1位 EXUS Lens Protect

MARUMI レンズフィルター EXUS レンズプロテクト 55mm レンズ保護用 091084
マルミ (2013-04-20)
売り上げランキング: 232,928

まず、一番におすすめなのはEXUS Lens Protect。ワンランク下のSuper DHG Lens Protectは防汚コーティングが乗った分、さらにワンランク下のDHG Lens Protectに比べレンズ反射率が0.5%以下に低下している。この問題を解決しつつ、ガラス反射率を下げ、レンズに汚れがつきにくい理想の状態を作ってくれるフィルター。ガラス反射率が低くてもゴミがついていれば画質劣化するので、ダストフリー性能の高さと低反射率と価格を両立した素晴らしいフィルターだと思う。手持ちのレンズ全部に付けたい。

おすすめ第2位 XC-PRO

二万円~三万円のレンズしか持ってないし、そんな保護フィルターごときに大枚をはたきたくない、でもレンズ保護はしたいし、防汚コーティングがついていたらなおよし、という人はこのXC-PRO。防汚コーディングの元祖であるMARUMI SUPER DHGシリーズが反射率0.6%に対し、こちらは後発なだけあって0.3%に抑えられている。自分のように、高くても5万円程度のEF-Mレンズにつけるには価格的なバランスもいい。ケンコーPro1DやマルミDHGの安い方よりずっと高機能でおすすめだ。

おすすめ第3位 ZXプロテクター

超高解像に特化した高級フィルターとしてZX(ゼクロス)シリーズが発売された。「ガラスへの負荷を限りなくゼロにする」フィルターということで、3000万画素を超えるような超高画素機種、超高解像な高級レンズを使う上で、レンズを保護しつつ、画質への影響をゼロに近づけたい人向けだ。高級な機材を使っていない人にも恩恵は十分にある。無印の(Quintでないほうの)Zetaの存在意義がいまいちよくわからなくなった。しかし防汚性能がないにもかかわらず高い。お金も機材もある人向け。

おすすめ第4位 Zeta Quintプロテクター

Kenko レンズフィルター Zeta Quint プロテクター 55mm レンズ保護用 115527
ケンコー(Kenko) (2014-11-21)
売り上げランキング: 233,883

ケンコーのZeta Quintは強化ガラス・防塵・防汚・防水と、レンズ保護機能が揃った最強フィルター。10万円を超えるレンズや、過酷な環境で使用する際に付けたいフィルター。耐衝撃性能をさらに求めるなら、鉄球を叩きつけるデモを行っているMARUMI レンズフィルター EXUS レンズプロテクト SOLID 55mmを買ってもいいと思う。

ついでに

レンズフィルターにはそもそも、

  • 保護フィルター
  • 減光フィルター
  • 偏光(PL)フィルター
  • 特殊効果フィルター
  • クローズアップフィルター

などの種類がある。

保護フィルターは描写への影響のない、レンズ前面を保護することを目的としたフィルターで、その他のフィルターは装着することで撮影に一工夫できる。詳しいことはマルミフィルターの公式サイトで見るとわかりやすい。特殊効果フィルターにも保護フィルター同様にブランドがあるので、この表を見て、EXUSの偏光フィルターを買おうとか、そういうふうに参考にしてもらえたら嬉しい。

UVフィルター不要説

保護フィルターの代わりにUV(紫外線防止)フィルターを使う人がいる。UVフィルターはフィルムカメラを使う人には意味があるが、デジタルカメラを使う人には特に意味がないと言われている。というのは、フィルムと違い、撮像素子(センサー)のローパスフィルターが紫外線をカットしているためだ。

しいてUVフィルターを使うシチュエーションがあるとすれば、色収差の目立つ古いフィルムカメラ用に設計されたレンズを、ローパスフィルターレスのカメラボディで使うケースくらいだろうか。たとえばEOS Kiss Mに使われるEF-Mレンズなど最新のレンズはカメラ内プロファイルで収差がきれいに自動補正されているので、物好きな人以外は、普通の保護フィルターでよいだろう。

メーカー純正フィルターはどうなのか?

CanonやNikon、SONYなど、各社がそれぞれ保護フィルターをきちんと発売している。世の中にはどうしても純正じゃないと気がすまないという人がいるが、何の防汚コーティングもなく、正直メーカー純正のほうが割高なのでマルミフィルターでもいいと思う。

SONYに関してはCarl Zeiss T*コーティングを謳っている。レンズが10万や20万なりする高級Zeissレンズならば、趣味で付けてもいいかもしれない。

ヤフオクとAmazonのノーブランドフィルターは買うな

↑買わないほうがいいフィルターの例

K&F CONCEPTとか、ロワジャパンとか、GREEN.Lとか、名指しで言ってしまうとこのへんになる。ヤフオクでDHGと検索すると、妙に安い新品が出てくることがあるが、MARUMIのDHGではなく偽物である。

安いから買ってみると、コーティングがされていないものまである。

コーティングがされていないということは、ただのガラスが一枚レンズの前に来るということで、無条件に画質が低下するし、逆光で撮ろうものなら何十万円のレンズも100万のカメラも写りが台無しになること間違いなし。これら安価なノーブランド品は純粋に粗悪品なので、フィルターメーカーのマルミ、ケンコー、ハクバあたりのメーカーから選んで買ってほしい。

中古フィルターとフィルターの寿命

フィルターの本命はコーティングにある。

ただのガラスが一枚前面に来るのに、悪影響を出さないようにするのは本当に難しい。たとえばレンズの前をサランラップで遮ったと想像してほしい。透明なものでも明らかに画面が乱れることが想像できるだろう。

何度も汚れ、拭いてを繰り返しコーティングが擦り切れてしまうとフィルターは寿命を迎える。汚れに弱くなったり、画質低下の原因となる。中古フィルターは新品の半額以下で取引されているが、そのぶん寿命が減って価値が下がっているということである。

万全を期するなら新品を買うほうが良いし、レンズをとっかえひっかえ買い換えるような人(自分のように)は中古フィルターで十分だろう。

東京都心にアクセスのいい人であれば、中野のフジヤカメラジャンク館で中古フィルターが安く売られている。ヤフオクでも安くやり取りされている。

ちなみに、PLフィルターは他のフィルターと比べ生産時の工程が複雑なため価格が高い。そのため中古に走りたくなるが、PLフィルターは寿命の短さが顕著で、新品のPLフィルターはグレーだが劣化したPLフィルターは黄色く濁るため期待した効果が望めない。PLフィルターはできれば新品を買ったほうがいい。


Canon 単焦点レンズ EF-M32mm F1.4 STM ミラーレス一眼対応 EF-M3214STM
キヤノン (2018-12-07)
売り上げランキング: 77,108



Share